はじめての不動産投資を成功させるコツ

はじめての不動産投資を成功させるコツ TOP

不動産投資とは、マンションやアパートなど、不動産を購入し、購入した不動産を賃貸に出したり、売却することで利益を得ていく方法です。

不動産投資で利益を上げていく方法は、大きく2種類に分けられます。
まずは、賃貸で利益を得る方法です。
これは、マンション、アパート、ビルなどを他人に貸し出して、賃料を得るという方法です。賃貸収入により得られる利益を「インカムゲイン」と呼び、株式投資では配当に相当します。

2つめは、売却により利益を得る方法です。
マンションやアパートを、購入時の価格よりも高い価格で売ることで、利益を出すことができます。不動産売買で得た利益のことを「キャピタルゲイン」といいます。
ただし、現在の状況下では、キャピタルゲインはほとんど期待できません。

不動産投資に限らず、投資においては、どのぐらいの利益が得られるかは不確実となっています。
購入した不動産でたくさんの賃料収入を得られたり、不動産価値が上昇し、売却により利益を得られる場合もあれば、逆に、賃料収入が思うように得られなかったり、不動産価格が下落して損をすることもあります。
つまり、不動産投資にも、株式投資などと同様に「リスク」は存在します。


不動産投資と株式投資の違い

不動産投資と株式投資は似ているようですが、投資者がその事業に関わっているか否かという違いがあります。

株式投資の場合、特定の企業に投資しますが、事業に関わっているのはその企業で働く社員たちです。そして、事業で得られた利益を、配当や株価の上昇と言う形で投資家に還元していきます。つまり、投資者が実際に事業に関与して利益を生み出すことはありません。
ところが、不動産投資の場合、投資者が不動産のオーナーとなり、入居者の募集、不動産管理、賃貸契約の更新まで関わります。
多くの場合、不動産の管理は、不動産管理会社に依頼することになりますが、投資者自身が不動産管理会社も選ばなければならず、管理業務のうちどこまでの範囲を不動産管理会社に任せるかについても判断しなければなりません。
不動産管理会社に依頼する内容により支払う手数料は異なりますし、それが収益にも影響します。
また、不動産は、地価が下落したり、地震などの災害により建物が倒壊するというリスクがありますが、株式投資のように、短期間のうちに大幅に価格が変動することはなく、リターンも安定しています。
さらに、リスクが少ない金融商品の代表となっている預貯金よりは高いリターンが得られます。
こういったことから、不動産投資はミドルリスク・ミドルリターンの投資と言われています。


不動産投資は誰にでもはじめられる

近年は不動産投資が注目されています。

なぜなら、株式のように専門知識がなくとも運用が出来ること、また、債券や株券のように価値が全くなくなるというケースが少なく、長期間にわたって安定した収入が得やすいからです。

実は当サイトの管理人は不動産投資をやっています。
当方、40代の主婦で夫と子供2人の4人家族で、ごく一般的な家庭です。
不動産投資を始めたきっかけは、夫が土地を相続したことです。
その土地を売却し、まとまったお金を得ることができましたが、このお金を定期預金として積んでおいても金利はあまり期待できません。
そこで、老後の資金を蓄えるために、何か良い資産運用法がないか、と考えました。
仕事や家事で忙しくてもじっくり取り組める方法として不動産投資に目を付けました。

休みの日に不動産業者を回り、たくさんの物件を見て、駅から徒歩10分のところにある2Kの新築アパートを購入しました。

不動産投資はお金持ちでなければできないと思っている方も多いようですが、現在は、ローンの金利が低いので、低資金であっても始めやすくなっています。

また、不動産投資について多少の知識を身に付けておけば、このような時代であってもある程度の利益は見込めます。

当サイトでは、これから不動産投資をはじめようという方のために、不動産投資の基礎知識やおすすめの不動産仲介業者について紹介しています。
不動産投資を検討している方のお役にたてればと思っています。


TOPへ戻る