不動産仲介業者の選び方

不動産仲介業者の選び方

不動産仲介業者の選び方

ここでは、信頼できる不動産仲介業者を選ぶためのポイントを紹介します。

・仲介業者名簿をチェックする
仲介業者名簿を閲覧すれば、不動産仲介業者について調査できます。
業者名簿には、代表者の経歴、事業の沿革、過去3年間の営業実績、不動産仲介業者団体への加盟状況、さらに、過去に業務停止処分を受けたことがあるか、などが掲載されています。

・業者名簿のチェック
免許証番号
宅地建物取引業者の免許証に記載の番号を確認します。免許証内の( )内の数字で営業年数の長さが分かります。

不動産仲介業の営業成績
不動産仲介業者の過去5年間の取引件数や取引金額を知ることができます。

商号、代表者、事務所の所在地
所在地を頻繁に変更している不動産仲介業者は注意した方が良いです。
その土地にいられない理由がある場合もあります。

不動産仲介業取引主任者、従業員について
出入りが頻繁な業者は選ばないほうが良いでしょう。

不動産仲介業社の資産状況
不動産仲介業社の資本金や財務内容などをチェックできます。

納税状況
不動産仲介業の経営状態がつかめます

行政処分歴
宅建業法違反で行政処分を受けたことがないか、チェックしましょう。

業界団体への加入
不動産仲介業者団体に加入しているのであれば、団体によるチェック機能があるのではないでしょうか。

・業者団体への加盟状況
不動産仲介業界団体はいくつか存在します。
こういった団体へ加盟するには、資格審査が通らないと加盟できません。

・流通機構への加盟状況
不動産仲介業者には流通機構に加盟し、流通機構会員各社が集めた不動産情報を流通させて、お客様にたくさんの情報を提供できます。
そのため、不動産仲介業者が流通機構に加盟しているかどうかも業者を選びの大事なポイントです。

・営業マンの質を見る
営業マンの人柄や人間性は接客に表れます。
契約をせかせる、物件のメリットばかり強調し、デメリットについて教えてくれない、という営業マンは要注意です。

TOPへ戻る