不動産投資のデメリット

不動産投資のデメリット

不動産投資のデメリット

不動産投資にはさまざまなメリットがありますが、その反面、デメリットも存在します。
具体的にどのようなデメリットがあるのかについて、知っておくことで、物件選びの参考にできますし、トラブル回避のための対策ができるかもしれません。

・災害のリスク
台風や地震などの自然災害は突然起こり、その被害により、物件が倒壊したり、建物の価値が下がることがあります。
もちろん、建物がなくなってしまうと、収入は途絶えてしまいます。

また、地震による火災については火災保険がおりず、地震保険に加入していたとしても、損害額の一部しか保証されません。

・建物の老朽化
時間の経過とともに建物は老朽化していきます。
そのため、古すぎる物件を購入すると、なかなか入居者が集まらなくなりますので注意が必要です。
この問題は、物件選びの際に、老朽化したものを避けたり、購入した後で修繕することで、十分に対策出来ます。

・空室のリスク
空き室の原因は立地条件と家賃設定となっています。
不動産の購入時に、近所にある物件の入居を調べることで、空き室のリスクはある程度避けられます。
しかし、近年は、機能性を高めた物件が次から次へと立てられているため、競争率は激しくなってきています。
そのため、立地、外観、間取り、セキュリティ、管理方法、賃料などに工夫を凝らして人集めをする必要が出てくるかもしれません。

・金利の上昇
これは、物件購入の際にローンを組んだ方に当てはまります。
変動金利でローンを組んだ場合、返済額が高くついてしまい、家賃収入では払いきれなくなるケースもあるようです。
そのため、返済期間を短くする、繰上げ返済をする、固定期間を長くする、などの対策も必要です。

TOPへ戻る